筋麻痺と訪問マッサージ【一宮市と稲沢市の訪問マッサージ】

筋麻痺と訪問マッサージ【一宮市と稲沢市の訪問マッサージ】

一宮市と稲沢市の訪問マッサージ カトウ治療院(青葦治療院 訪問部 )

院長の加藤です。*加藤のプロフィールはこちら

私たち(医療従事者)に非常に馴染みのある

筋麻痺

文字のとおり「筋」が「麻痺」している状態です。

代表的な症状の表れ方としては、『内反尖足』などがあります。

「筋」が思った通りに反応しないので、身体も思った通りに動かせなくなります。

◆◇ 筋麻痺と脳梗塞後遺症 ◇◆

筋麻痺は、脳血管障害(脳梗塞など)の後遺症によって起こります。

多いのは「片麻痺」といって、片半身の腕と脚がうまく使えなくなる症状です。

体幹は、左脳と右脳、両方からの神経支配を受けているため麻痺しにくいです。

さて、この筋麻痺ですが、多くは中枢神経(脳、脊髄)に損傷があることで発生しますので、完全に症状が改善することはまれです。

中枢神経の損傷は、完全に治癒しないからです。

ですが、症状が軽減することはよく見られます。

◆◇ 筋麻痺とリハビリ ◇◆

では、どうすれば軽減できるのか。

それは

リハビリ(運動療法)

です。

どんなリハビリをやるかというと、

①筋肉の硬さをとる
②関節の可動域を正常に近づける
③筋肉と神経の結びつきを強くする

といったものです。

筋肉、関節、神経にアプローチするわけです。

この中でも難しいのが神経へのアプローチです。

さっき言ったように、中枢神経が損傷している(正常に機能していない)です。

そのうえで、神経の働きを高めるためには、繰り返し繰り返し刺激を入れてあげることが必要です。

◆◇ 繰り返しで刺激量を増やす ◇◆

リハビリ(運動療法)としては、

・筋力トレーニング
・PNF(神経促通法)
動作法

などを使います。

また、患者さん自身にもできる範囲での運動指導(簡単なもの)をしていきます。

患者さん自身とセラピストがお互いに協力することで、相乗効果を期待します。

ある文献によれば、ある関節の動きを正常に戻す(近づける)のに、

運動を100万回繰り返す必要がある

というデータもあります。

とにかく『数』をこなす必要があるということです。

継続は力なり、ですね。

「筋麻痺」と付き合いは、長い目で見る必要があります。

身体が変化するのには時間がかかります。

なかなかハッキリした変化が見られないこともありますが、変化がないように見えても、それは『筋麻痺が悪化していない』とも捉えられます。

悪い方向に『変化していない』ことが、効果が出ている証拠でもあるんですね。