関節拘縮と筋膜【一宮市と稲沢市の訪問マッサージ】

筋筋膜と筋膜と関節拘縮

一宮市と稲沢市の訪問マッサージ カトウ治療院(青葦治療院 訪問部 )

院長の加藤です。*加藤のプロフィールはこちら

 

今回は関節拘縮と筋膜のお話です。

 

◆◇ 関節拘縮とは ◇◆

関節拘縮は、簡単に言えば『関節が固まる』ということです。

病理学的には、関節周囲の

筋肉、皮膚、関節包、靭帯などの筋膜組織が線維化し癒着してしまっている状態

です。

では、なぜ関節拘縮が起こってしまうのか?

これには様々な原因が考えられます。

その中でも多いのが、

・脳梗塞後遺症(片マヒ)
・廃用性症候群(長期安静)
・変形性関節症

です。

 

◆◇ 筋膜から関節拘縮にアプローチ ◇◆

この関節拘縮への対処法としてよくあげられるのが可動域訓練です。

字のごとく、関節の可動域を改善する為の訓練です。

ストレッチや筋力トレーニングを行って、関節を大きく動かせるようにしていきます。
※神経筋促通法(PNF)なんかもよく使いますね。

それが一般的で有効な方法ですが、そこに

筋膜

の要素や概念を加えてみます。

筋膜と言うのはいろんな捉え方があります。

『筋』の『膜』と書くので、筋肉を包んでいるものでもあります。

実際に、筋肉を包んでいるものを指して筋膜と呼ぶことは多々あります(筋筋膜)。

ですが、もっとも適切な定義は、筋筋膜を含んだ結合組織です。

結合組織は『支持組織』とも呼ばれ、身体の隙間を埋めて身体の構造を支えてくれています。

マッサージなどの手技で触るのは表層の結合組織。

表層の結合組織は、皮下組織(脂肪など)なので、そこをねらってアプローチします。

関節拘縮の治療で、この表層の筋膜(結合組織)も意識するとより効果的です。

最初に書いたように関節拘縮は

関節周囲の筋肉、皮膚、関節包、靭帯などの筋膜組織が線維化し癒着してしまっている状態

なので、その中に含まれる筋膜に対してアプローチ(筋膜リリース)は関節拘縮にも効いてくれます。

しかも、筋膜にアプローチするのには大きな力はいりません。

患者さんの身体への負担も少ないのです。

 

◆◇ 筋膜治療のポイントは待つこと ◇◆

筋膜へのアプローチの仕方のポイントは『待つ』ことです。

どういう意味?と思ったかもしれませんが、

筋膜の状態が変わるのを待ってあげる

ということです。

手順は、

①アプローチしたい場所に手で触れる
②その場所で少し手を沈める
③沈めた状態で
『待って』筋膜の状態が変わる(弛む)のを『待つ』

という流れです。

これだけ見るとすごく簡単に思えますよね。

確かに簡単なんですが、最後の筋膜の状態が変わるのを『待つ』のがけっこう難しいんです。

ついつい変えようとする意識が強くなってしまって『待てない』ことが多いんですね。

待たなくても効果はでますが、しっかり待ってあげた方が効果は高いように感じます。