好転反応と訪問鍼灸【一宮市と稲沢市】

好転反応を乗り越える

一宮市と稲沢市の訪問マッサージ・訪問鍼灸 カトウ治療院(青葦治療院 訪問部)

院長の加藤です。*加藤のプロフィールはこちら

 

鍼治療では特に出やすいですが、治療後に出ることがある

好転反応

というものがあります。

前もって知っておかないと、治療を受けて逆に悪くなったと思われてしまうので、説明しておきますね。

 

◆◇ 好転反応とは ◇◆

好転反応とは

治療の過程で起こる一過性の身体の反応

です。

どんな反応がでるかというと

・だるさ
・痛み
・火照り
・めまい
・尿が濃くなる(一時的に)

などです。

身に覚えのある方はいるでしょうか。

好転反応という言葉は知らなくても治療の過程で(治療後など)、上記の反応が身体に出たことがある人は沢山いるんじゃないかと思います。

 

◆◇ なぜ好転反応が起きるのか ◇◆

好転反応が起きる理由としてよく挙げられるのが、

身体に溜まっていた老廃物が血流が良くなったことによって全身を巡るから

というものです。

これは、はっきりと分かっていることではありません。

あり得そうな理由を考えてみると、上記のような理由が考えられるということです。

そこに付け加えるとするなら

身体が変化したことからこそ出てしまう違和感

なのではないか、ということです。

例えば身体の一か所の血流が大きく変化した場合や、一か所の筋肉の凝りが極端に緩まった場合、

その部分の変化が強調され、脳が強く認識してしまうんじゃかいかと思います。

その結果がだるさや痛み、火照りなどの違和感となって表れているのではないか、と思います。

 

◆◇ 好転反応は良い反応 ◇◆

好転反応の症状として挙げられるものとしては、一見すると悪い反応にも見えます。

実際に患者さんからも、『治療を受けてから調子が悪くなった』という声を聞くことは少なくありません。

ですが、好転反応が起きる原理を考えてみると名前の通り、好い反応だと思います。

老廃物が取り除かれたり、血流が良くなったりと身体が良い方向へ変化したからこそ起きる好転反応。

身体に様々な違和感が表れることがありますが、まずは一回冷静になっていただいて、自分の身体に何が起きているのか、感じ取って欲しいです。

もちろん治療に際してはこちらから説明させていただきますが、身体の違和感をすぐに悪いものだと考えずに、身体が変化した証しだと分かっていただきたいです。

好転反応が治まると、一気に体調が良くなることもあります。

加藤もそういう経験はたくさんしていますので。

安心して治療に臨んでくださいね。

ちなみに加藤の好転反応の最長記録は、5日です。