膝の痛みと訪問鍼灸 【変形性膝関節症】

膝の痛みと訪問鍼灸【変形性膝関節症】

一宮市と稲沢市の訪問マッサージ・訪問鍼灸 カトウ治療院(青葦治療院 訪問部)

院長の加藤です。*加藤のプロフィールはこちら

 

寝たきりや車いすでの生活をされている方、または、比較的身体が動かせる方の中には、膝の痛みで悩まれているが少なくありません。

この膝の痛みに対しては、鍼治療が効果的です。

 

◆◇ 立ったりしゃがんだりで痛い ◇◆

膝が痛いと言われる方で多いのが、加重した状態での動作です。

・椅子から立ち上がる時
・荷物をとる為にしゃがむ時
・階段を昇り降りする時

などがこれにあたります。

こういった動作は膝の関節が正常であれば、ほとんど痛みは出ません。

ですが、

・骨に変形がある
・膝周辺の筋力が低下している
・膝の上の股関節の動きが悪い
・膝の下の足首の動きが悪い

といった原因があることで、体重をかけた動作での痛みが引き起こされます。

または、腰のヘルニア脊柱管狭窄症などがあると、膝に

神経痛

が引き起こされることがあります。

また、長期安静により、膝の関節が固まり、関節拘縮を起こした場合にも膝の痛みは引き起こされます。

 

◆◇ 膝の痛みには鍼がいい ◇◆

膝の痛みもそうですが、痛み全般には鍼治療が効果的です。

痛みが出ている場所に直接鍼(はり)を打つ方法もありますし、膝周辺のツボに打つこともあります。

また、鍼(はり)刺激によって、筋肉も活性化します。

鍼を打つことで痛みがとれて、力が入りやすくなります。

一石二鳥の鍼治療です。

 

◆◇ 鍼と運動の相乗効果 ◇◆

鍼(はり)治療も膝の痛みには効果的ですが、そこからもっと身体の状態を良くしようとするなら、運動を組み合わせるとより効果的です。

運動とはいわゆる、筋力トレーニングです。

筋力トレーニングをすることによって筋力のアップはもちろん、関節の動きが滑らかになりますし、筋肉、関節の血流もよくなります。

結果、膝の関節の安定性もあがるので、膝の痛みを取り除く為の有効な手段になります。

とはいえ、いきなり筋力トレーニングをしてしまうと、痛みが強くなってしまう時もありますので、まずは鍼治療で痛みを取り除き、筋力トレーニングをしやすい状況を作る必要があります。

鍼も運動も膝の痛みには効果的ですので、どちらも治療に取り入れて、どんどん動ける身体を作っていきます。